記事一覧

外に出ると、ビタミンDを感じられます。  日に当たることは体にいいこと。


随分春めいてきたなあと思っていたのに、昨日から急にまた気温が下がりました。  でもその代わりに、お天気がすごく良くて、外に出ないともったいないくらいです。  

今日は二階の窓から雑草だらけの庭を眺めて、やっぱり寒いけど庭仕事をしないといけないなあ、と思い、思い切って外に出ました。  外気温はだいたい5℃くらい。  普通の外出だったらコートを着て行きますが、庭で働くつもりだったので、セーターの上にフリースだけ着ることにしました。  

今日の仕事のメニューは、

  1. バラの剪定
  2. バラとシャクナゲの周りの草むしり
  3. 温室の中の植物のチェック

この三つだけのはずだったのに、結局この三つを片付けたら、他にも雑草だらけの畑やら、花壇が目につき始め、草むしりが止まらなくなってしまいました。  

今年は暖冬だったけど、その分雨ばかりだったので、水分と暖かさを十分にもらって、雑草たちはグングン育っていました。  

昭和天皇の裕仁陛下が、雑草という名前の草はないんだよ、とおっしゃったとか。  でも私にとっては名前があってもなくても、にっくき雑草です。  戦いあるのみ!  頑張って抜きまくったら、すっかり腰が痛くなってしまいました。

でも外に出てお日様に当たるのって、本当に気持ちがいいですね。

ノースウェストは夏は夜の10時ごろまで明るいけど、冬は日が沈むのが早いので、5時ごろにはもう真っ暗です。 今日は日没が5時半ごろなので、随分日が長くなったなあと感じられます。  

日本人(特に女性)は、日に当たることを極度に避けたがりますよね。  色白がいい、という考え方があって、シミにならないように、一生懸命日焼け止めを塗って、なるべく紫外線から肌を守ろうとする人が多いです。  

紫外線は当たりすぎると皮膚ガンになったり、もちろんシミになったり、皮膚を硬くしてしまうので、シワになったりと、嬉しくないことも多いですが、日に当たらないことで起こる体の異常もたくさんあるのは事実です。

私は医学の専門家ではないので、日照時間の短さとか、ビタミンDの欠乏によって体に起こることなど、専門的なことは言えませんが、自分の体験や、周りの人の観察から、やっぱり日に当たらない日が続くと体に色々と良くないことが起こるなあということはわかります。  

まず鬱気味になる人が多いです。  シアトルは自殺する人の数が多いと聞いたことがありますが、その理由は天候に関係しているという説があります。  実際に自殺した人の数が多いとしを見てみると、一番多かったのがラスベガスで、ほかのトップ10の年も、ほとんどが南の方にありました。  だから日照だけが原因というのは無理があります。  でも冬になると、私、ブルーだわー、なんていう人が多くなるのは確かです。

ビタミンDが欠乏すると、免疫力が低下して病気になりやすくなったり、腸の機能が衰えて、栄養の吸収が低下し、また腸が体に悪い菌などを取り除くことができなくなり、悪いものが体の中に回ってしまうので、アレルギー症状、便秘、偏頭痛などを起こすこともあるそうです。

また、ビタミンDは脳の中の神経細胞を保護し、細胞が増えたり分かれたりするのを手伝うので、認知機能を維持するのに役立つとされ、認知症予防にも役に立ちそうです。  

難しいことはともかく、家の中にばかりいると、自然と体を動かさなくなって、健康に良くないです。  外に出て、じっとしている人って少ないですよね。  ちょっとくらい寒くても、お日様の光を浴びて、体を動かしていると体がポカポカしてきて、気持ちがいいですよ。  是非外に出て、ビタミンDを補給してみてください。 


↓応援してね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Entries

Comments

こんにちは

先日 記念コインの記事にコメントをいただきました。ありがとうございます。暫くブログから離れていたので訪問が遅くなりました。私も日焼け止め命の日本人でしたが、最近ビタミンDの大切さを実感し 日中の散歩で陽に当たるように心がけています。M子さんはアメリカが長いのですね、色々と参考にさせていただきます。

Re: こんにちは

Snさん、こんにちは。
コメントをどうもありがとうございます。  はい、お釣りのコインをもらうために、またキャッシュを持ち歩いてます!

日焼けが怖いの、よくわかりますよー。  でも植物だって、あんまりギンギンお日様に当たるとダメになってしまうけど、当たらないとしょぼっとしますよ。  何事もほどほどに、ですね。

Post a comment

Private comment