記事一覧

皆既月食見ましたか?  アメリカではお月様はお尻のこと

8747a1ed7702c0573bc475071f55db23_s_convert_20180202010241.jpg

スーパー・ブルー・ブラッドムーン 見逃した~


皆既月食見ましたか?  月が地球に近いから、通常よりも大きく見えるのがスーパームーン、一ヵ月に二度満月があるのがブルームーン、そして皆既月食で月が赤く見えるのがブラッドムーン。  アメリカで見られたのは、150年も前のことだとか。  


そんなに珍しいお月様が見れるのか、と楽しみにしていたのに、シアトルはしっかり曇り空、なんにも見えませんでした。  去年の皆既日食も逃したし、ま、いっか。 


月というと、日本ではなんとなくロマンチックな印象がありますね。  ギラギラと情熱的な太陽に比べて、月は静かで穏やかな感じ。  月と太陽は、陰と陽という組み合わせですよね。  


アメリカでも、カップルが夜空を見ながら語り合っているシーンなんかに、月が出てくることがあります。  日本は月でウサギがお餅をついているなんていうけれど、アメリカの人には、月全体が顔に見えるみたいです。  よく家の外壁に飾る物として、陶器や金属でできた、顔のついたお月様のレリーフが売られています。  


でもアメリカでお月様というと、ちょっとおかしな意味もあるんですよ。


月を眺めて頭がおかしくなる?


英語で月はムーンです。  そんなの日本の小学生だって知ってますね。  でもムーンの他に、ルナ(luna)という言葉も、月に関する言葉として使われます。


Lunaというのは、ラテン語で月のことです。  英語にはラテン語を元にした言葉が沢山あります。  例えば、太陰暦のことは、ルナ・カレンダーといいます。  


他にもルナティック(lunatic)という言葉があります。  これはクレイジーの意味。  ちょっとあたまがいかれてるんじゃないの?なんていう、クレイジーです  


どうしてお月様がクレイジーになってしまうのかと言うと、4~5世紀ごろの占星術師が、癲癇や説明のつかないおかしな行動は、月を眺めていたせいだと言って、脳や精神科の問題がある人達を、ルナティックと呼んだからだそうです。  


ルーニー(loony)という言葉もクレイジーの意味で使われます。  バックスバニーとかトゥウィーティーが出てくる、ルーニートゥーン(Loony Tunes) という昔の漫画は、クレイジーな悪ふざけが出てくる、漫画(カートゥーン)というわけです。


お尻を眺めてお月見


もうひとつ、ムーンはお尻のことも意味するんですって。  


Wikipediaによると、ムーンがお尻を意味する言葉として使われたのは、1743年と書いてあります。  これは形が丸くて、青白い(白人だから?)色がお月様に似てるから。  そして動詞として、お尻を出すことに使われたのは、1601年からだそうです。  


アメリカでは1960年代に、大学生の間でお尻を出す行為が流行ったとか。  


人に向かって裸のお尻を突き出す行為は、相手に対する抗議とか、馬鹿にすること、相手を怒らせるため、後はただびっくりさせるためとか、面白いからする、などなど、いろいろと理由はあるようです。 


赤ちゃんのおむつでムーニーってありますよね。  あれもお尻に関係しているから、そういう名前なのかなと思って調べてみたら、ムーニー(moony)と言う言葉には、夢見心地という意味があるそうで、それと語感がふんわかしたイメージなので、そういう名前にしたそうです。


赤ちゃんのお尻は可愛いけど、大人にお尻を出されるのは困るなあ。  たまーに、女の子が、お尻の割れ目スレスレのローカットジーンズをはいてるのを見かけます。  あれもすごーく目のやり場に困りますよー。  


↓応援してね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Related Entries

Comments

Post a comment

Private comment