National Love Your Pet Day


2月20日はNational Love Your Pet Dayだそうです。  

いつもより特別にペットを可愛がる日なんだそうです。

ペットにしてみたら、そんなことは関係なく、いつもいっぱい可愛がってもらいたいですよね。  うちのペットのセバスチャンは、可愛がられることと食べること以外に、人生に意味はない!と思っているようです。

私もペットは可愛がるために飼うもの!と思って、とことん可愛がって、とことん甘やかしています!

↓芝刈りをした後すぐに庭を走り回ったので、セバスチャンの足が緑色になってしまいました。

13221061_10206301010630474_2527556821345584236_n.jpg 


犬を飼うなら、ハバニーズ!

セバスチャン  
 

我が家の愛犬セバスチャン


M子の家には犬がいます。  名前はセバスチャン。  6歳半のオスのハバニーズです。
セバスチャンはワシントン州のとある田舎町にある、ブリーダーのところで生まれました。

セバスチャンが我が家にやって来る前は、オスの柴犬のマーサンを飼っていました。  マーサンは、癒し系わんちゃん、と言われていましたが、ドアを開ければ大脱走、頭はよかったけど、気分はいつも俺様の、難しい犬でもありました。  次の犬はもっとお取扱いの簡単な種類の犬を探そう、ということで、我が家に合った犬探しが始まりました。

夫のF男が勤めていた職場に、いつも犬を連れて来た人がいました。  小さくて、ふわふわで、とても人懐こい、可愛い犬だったんです。  あの種類なら、きっと気にいるよ、と教えてくれたのがハバニーズでした。  

インターネットで早速調べてみると、うわー、いるいる。  髪の長いのから、テディベアみたいなの、白いの、茶色いの、真っ黒なの、いろんなハバニーズがいました。  もうこのブリードしかない!  しっかりハバニーズの虜になってしまったのです。

そこから先は、元気に育て、大きくなーれ、と可愛がり、今に至ったというわけです。  その間、いろんなところでハバニーズに会いました。  どのわんちゃんも可愛くて、お利口さんで、どのオーナーもみんな大満足です。  そんなハバニーズを是非是非オススメします!


ハバニーズってどんな犬?


ハバニーズ/ハヴァニーズ(Havanese)は日本ではあまり知られていないようですが、アメリカではここ10年くらいの間に、随分と人気が出て来たブリードです。   

基本情報
体重 3−6kg (7−14パウンド)
体高 23−27cm (9−11インチ)
トイカテゴリー
毛の色 白、ベージュ、茶、グレー、黒
寿命 14−16年

ハバニーズのルーツ
スペイン領カナリア諸島の中のテネリフェ島からキューバに連れてこられた、ビションテネリフェという種類の犬から派生した、ブランキートデラハバナという種類の犬が、プードルを含むビション系の犬と交配して出来たブリードだと考えられています。  ハバニーズのハバナはキューバの首都の名前で、キューバのナショナルドッグに指定されています。 

性格と特徴
ハバニーズは人間が大好きな、とても人懐こい性格です。  優しく、穏やかで、他の犬にむかって行ったり、むやみに吠えることはほとんどありません。  多少弱虫のところもあるくらいですが、飼い主がそばにいれば、安心していつもハッピーです。  躾もしやすく賢いので、サーカスで使われたこともあるようです。  

ただ犬によっては、一人ぼっちになるのを極度に嫌うこともあるようですので、長い間お留守番をさせなければいけないような時は、気をつけないといけません。  身体的な特徴としては、前脚よりも後脚の方が少し長く、ウサギのように走る時に跳ねているように見えます。  毛がほとんど抜けず、アレルギーになりにくいと言われているので、犬アレルギーのある人でも大丈夫かもしれません。  

お手入れと気をつけること
ハバニーズの毛はとても柔らかく絡みやすいので、まめにブラッシングをしてあげる必要があります。  ドッグショーに出場するハバニーズは、皆地面につくほど長い毛を持っていますが、そうでない場合は短目に揃えることをおすすめします。  特に目の周りは気をつけてあげてください。  小型犬は大型犬に比べると、歯や歯茎の病気になりやすいそうです。  小さい時から、犬用の歯ブラシで食事の後に歯を磨く習慣をつけてあげてください。




ペットは家族の一員です。   あなたも可愛いハバニーズと出会えるといいですね!  

     


decoboko.jp

プロフィール

コードネームM子

Author:コードネームM子
横浜出身、アメリカ、シアトル在住。  
大学生の娘がいるお母さん。
アメリカ人の夫と、小型犬セバスチャンと一緒に、シアトルで静かに暮らしています。

リンク
RSSリンクの表示