羽生くんのファンは、プーさんが寄付されてどう思うの?


フィギュアスケートの羽生結弦選手の人気は相変わらずすごいですね。 金メダルだから当たり前だけど。 

私は日本のメディアに詳しくないので、彼と熊のプーさんの関係というのを全然知らずにいました。  それでリンクにたくさんのプーさんのぬいぐるみが投げ込まれているのをみて、なんだこれは?とびっくりしました。  

今頃こんなことを言っていたら、お前はそれでも日本人か、と叱られそうですけどね。  

あんなにたくさんのプーさんを、一体どうするんだろう?と思って、早速Googleしてみたら、地元のファンに寄付すると書いてありました。  スケート関係の人とかなのかな?  どんな人がもらえるのか分からないけど、憧れている人からもらえたら、プーさんが好きじゃなくても嬉しいでしょうね。  

もらえる方は嬉しいかもしれないけど、羽生くんのファンで、一生懸命韓国まで応援に行って、そこで彼のために!とリンクにプーさんを投げ込んだ人たちは、一体それをどう思うんだろうなあ?と考えてしまいました。

つい、違う角度から色々と考えてしまうのが私の癖らしいです。

だって、プーさんじゃなくても、花束を投げたりもするけど、競技に出ていた本人じゃなくて、小さくて可愛いスケーターが出てきて、代わりに拾って行くじゃないですか。  だから、あんなにたくさんあるプーさんを、一つひとつ、これはファンからだから、って羽生くんが抱きしめたりするのかなあ、というのが疑問です。  

そうすると、ただ彼が、ファンの皆さん、ありがとう!と、嬉しい気持ちになるだけで、あとはプーさんが彼に触られることもないかもしれなくても、ファンはそれでハッピーになれということですかね? 

私はそこまで誰かの熱狂的なファンになったことがないので、そういう人たちの気持ちはわかりませんが、きっと彼を幸せにするのが、ファンの幸せなんだろうから、プーさんがどこへ行こうとも、関係ないのかもしれないですね。

アメリカではスポーツ選手が、いろんなチャリティー活動をして、ファンがそれに賛同して寄付をしたり、ボランティアをしたりします。  有名じゃない選手でも、自分の出身地とか、チームのある街の貧しい子供達のためとか、病気の子供達のためなどに、いろんなことをしています。  

日本のスポーツ選手も、あれだけファンを動かせる影響力があるんだから、もっともっといろんな活動をして、ファンの人も同じように福祉や世界平和などのために役に立ったらいいんじゃないかなあと思います。
 

  

National Love Your Pet Day


2月20日はNational Love Your Pet Dayだそうです。  

いつもより特別にペットを可愛がる日なんだそうです。

ペットにしてみたら、そんなことは関係なく、いつもいっぱい可愛がってもらいたいですよね。  うちのペットのセバスチャンは、可愛がられることと食べること以外に、人生に意味はない!と思っているようです。

私もペットは可愛がるために飼うもの!と思って、とことん可愛がって、とことん甘やかしています!

↓芝刈りをした後すぐに庭を走り回ったので、セバスチャンの足が緑色になってしまいました。

13221061_10206301010630474_2527556821345584236_n.jpg 


自由の女神はニューヨークだけじゃないですよ シアトル アルカイビーチ


いやあ、昨日の風は凄かった。  ただの強風じゃなくて、嵐でしたよ。  

私は寒いし、風が強いしで、家から出ないでずっとオリンピックを観ていましたけど、うちの夫はアルカイビーチに行ってみようか?なんて言っていました。  あんた、正気?  

今日はまだ風があるし、外は寒いけど、やっぱりお天気が良いから、アルカイビーチまで行ってみました。

アルカイは、シアトルの発祥の地と言われている所です。  シアトルのダウンタウンのちょうど反対側にある、ウェストシアトルの北の端っこにあります。  アルカイからはダウンタウンは見えないけど、位置によってはスペースニードルが見えます。  海の反対側には、オリンピック山脈が見えます。  

昨日の嵐で、さぞかしいろんなものが打ち上げられているだろうと思ったけど、思ったほどではありませんでした。

IMG_6309.jpg   IMG_6312.jpg

それでもビーチには、大きな木が根っこがついたまま打ち上げられていました。  一体どこから流れてきたんでしょう?

上の写真の左の奥の方に、スペースニードルが写っているの、見えますか?

IMG_6326.jpg 

↑この写真は、3年前に嵐があった時に写したものです。  

真ん中に立っているのは、自由の女神さん。  シアトルにもいるんですよ。  ビーチから随分離れているのに、この時は波がザッパザッパと凄かったから、自由の女神さんはびしょ濡れでした。  

自由の女神は、英語ではStatue of Libertyで、直訳すると、自由の像だから、どうして女神に変えたんでしょうね?  自由の像というよりは、自由の女神の方が、人間的というか、見守ってくれてるって感じでいいのかなあ?

今日の女神さんはこんなでした↓。

IMG_6318.jpg

空が真っ青なのは良かったけど、逆光でお顔がよく見えませんねえ。  ニューヨークの女神さんと同じらしいけど、なんとなくこちらの方が優しい顔をしているように思います。  

IMG_6319.jpg  

女神さんはいつもこんな景色を見ているようですよ。  何を考えて立っているのかなあ?
  

decoboko.jp

プロフィール

コードネームM子

Author:コードネームM子
横浜出身、アメリカ、シアトル在住。  
大学生の娘がいるお母さん。
アメリカ人の夫と、小型犬セバスチャンと一緒に、シアトルで静かに暮らしています。

リンク
RSSリンクの表示